レーシックは両目だけではなく片目も可能

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



レーシックは両目だけではなく片目も可能ブログ:2019/11/30

呼吸をしたり、からだを動かしたり、内臓をはたらかせたり…
ほとんどの生命活動に酵素が関わっています。

酵素が不足すると、からだに様々な不調があわられます。
酵素がからだの中から無くなってしまうと、
あたしたちは生きていられないんですよね!

酵素はからだの中でも作られるんですが、
その量には限度があるので、
食事から酵素をたくさん摂ることが、
健康な連日を送るためのポイントということになります。

ちなみに、
酵素は、3,000種類以上もあるといわれています。

しかし、その酵素のほとんどが、
48℃〜70℃の間で壊れていきます。

なので、
熱に弱い酵素を効果的に摂るには、
野菜、くだもの、刺身といった
生の食品に頼るしかありません。

といっても、
食事の中で生の食品を大量に食べる…
というのはなかなか難しいですよね?

そこでもう一つの
酵素が多いミラクル食品の出番です。

その食品とは、
味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、などの発酵食品。

皆様は、発酵食品を、
連日の食事の中で食べていますか?

発酵の期間が長いものほど、酵素の働きが強く、
からだに良いみたいですよ。

生の食品だけでなく、
納豆や味噌やキムチなどの発酵食品を、
積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょう。

食事に酵素が含まれていないと、
からだの中の酵素が「食べたものの消化」にばかり使われてしまうので、
「新陳代謝=疲労回復」に使える酵素が少なくなってしまいます。

酵素の多い食品を食事で摂っていれば、
からだの中の酵素と食品に含まれる酵素とで、
「消化」も「新陳代謝」もしっかり!
生の食品、発酵食品を連日の生活で取り入れましょう!