一時的なレーシックをすることでの後遺症

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

ソファベッド
http://innersofa.com/list/10022.html



一時的なレーシックをすることでの後遺症ブログ:2020/02/25

下戸のおれには、ビールの楽しみは全くわからない。

「ビールを飲まない人は、人生の半分を損している」
という言葉を聞いたことがあるが、
どんなふうに損をしているかも理解できない。

だから、74歳の親父が
フラフラで呂律が回っていなかった時は、
持病の高血圧が悪化して脳の血管に何か異変が起きたのかと、
あわてて病院に連れて行ってしまった。

お医者さまに、
「この方は、今とても気持ちがいいのです。寝かせておいてあげなさい」
といわれ、拍子抜けした。

でもフラフラになるまでビールを飲むのは、
体質に良いはずがないと思う。

それから、
ビールの害について調べたり、講演会に参加したりした。

すると、
ますます周りでビールを飲んでいる人が皆、
アルコール依存症に見えてきて…
晩酌をしている親父の横で
グダグダと文句をいう毎日が始まった。

少しでも親父に元気がないと、
「ビールの害で健康を損なったんだ」と思い込み
「禁酒会に入って」とまでいいだす始末。

親父は怒って、
やらないといけない事はやっている。
人生の楽しみとしてビールを飲んでるんだ。
それに、少しぐらいしんどくたって病院は嫌だ。
肝臓の数値も正常だ。あれからは適量を守ってるだろうが!
放っておいてくれ…といった。

親父の体質が心配なあまり、
おれは一人で突っ走りすぎていたようだ。

ただ、ここまで親父のビールに厳しく接したのには理由がある。
おれのママは膠原病という難病で、
3年間入退院を繰り返し、最後は管だらけになって15年前に亡くなった。
だから、親父にはできるかぎり、元気でいてほしい。

しかし、ママの闘病生活を間近で見てきた親父は、
自分は最後まで自然に生きていたいと思っているようだ。