レーシック手術による視力回復について

レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

ソファベッドはここへ
http://innersofa.com/list/10022.html



レーシック手術による視力回復についてブログ:2020/03/19

「夕飯はまかせといて!」と私。

母親は、出前のチラシを見せながら…
「こっちのほうが安いんじゃないの?」

わたしは「なんで人の気持ちを汲んでくれないの!」と怒る。

母親が
「だいたいあんたがお買い物に行くのが遅いからよ!」と応戦。

喧嘩の始まりはいつもこうです。

母親のことを大切に思うからこそ提案したことだったのに、
喧嘩になって…
結果的に、母親に嫌な思いをさせる事態に
わたしとしては納得がいかないわけですね。

思い起こせばお子様の頃のわたしは、
気持ちを受け取ってもらえない寂しさを
いつも感じていたかもしれません。

母親の顔色をうかがって
喜んでもらえないことに対して、
わたしがやったことは迷惑なことだったのかなと
自分を責めていたようにも思います。

いつの間にか母親との会話は敬語で応対するようになり、
母親の気持ちを受け取ることを拒否し、
こちらから与えることを放棄して
だんだん距離を取っていきました。

母親は祖母が病気がちで臥せっているような家庭で育ったので、
早くから自分が気丈でなければいけない、
人の世話になって迷惑をかけてはいけない…
という思いが強かったのでしょう。

両親が病気で寂しい思いをした分、
お子様のために健康でいなければという気持ちもあったようです。

年老いて気持ちに身体がついていけなくなってきている今、
少しずつですが
ようやく頼ることもできるようにはなってきているようです。

社会人になったわたしは、
母親との関係も変化していき、
敬語で接するようなことはなくなりました。

しかし、
母親の気持ちを受け取っていることを伝えること、
つまり感謝している気持ちは
十分にはまだ伝えきれていないように思います。