レーシックはまだまだ出来てから日が浅い

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



レーシックはまだまだ出来てから日が浅いブログ:2019/10/20

減量中は食事制限をしていると、
摂取カロリーが少ないためか、
すぐにお腹が空いてしまいますよね。

減量中のおやつは厳禁と思いますが、
我慢しているとストレスが溜まってしまい長続きしなかったり、
リバウンドしてしまったりします。

また我慢できたとしても、
脂肪が燃焼されにくい体質になってしまい、
思うような減量効果が出ないこともあります。

だったら、
「減量中でも少しくらいならおやつを食べてもいいよね」
という楽な気持ちで行なった方が
減量が長続きすると思うんです!

ただし、注意することがあります。
今までのように高カロリーのおやつは
食べないようにしましょう。

せっかく頑張って減量しているのに
台無しになってしまいますよ。

そんな時は、
低カロリーで腹持ちの良いおやつを選びましょう。

糖分と脂肪分を同時に摂ると
脂肪が体質に蓄積されやすくなってしまうので、
脂肪分が多い洋菓子よりも、和菓子を食べるようにしましょう。

減量中のおやつとして、
私のオススメは、アメやガムです。

アメは血糖値が早く上げられるので、
空腹感が抑えられるようです。
ノンシュガーなどの
低カロリーのものを選んで食べるといいですよ。

また、
ガムは良く噛むことで脳の中枢神経を刺激して、
空腹感を和らげる効果があるそうです。
あごを使うので、顔のシェイプアップにも効果有りですね。

その他にオススメのものは、
小魚やスルメ、昆布などの乾燥させた食品です。
減量中に、不足しがちなカルシウムなどが摂れて
一石二鳥ですよ。

―地球滅亡まであと427日―